色々な疑問にお答えします! 教えて!鼻整形Q&A

施術に関する疑問にお答えします!

「鼻」は顔の印象を左右するほど存在感が大きいパーツです。人によって理想とする「鼻」は異なりますが、形や高さといった条件が重視されています。この条件が満たされていない場合、コンプレックスに感じてしまう人が多く存在します。コンプレックスを一気に解消する方法として、鼻整形があります。ここでは初めて鼻整形を受ける人でも安心出来るよう、気軽に受けられるプチ整形や本格的な整形に関する疑問と答えをQ&A方式で掲載しています。

Q1鼻の整形をしたいのですが、腫れなどは目立ちますか?

鼻の整形といっても、鼻を高くする「隆鼻術」や団子鼻を解消する「鼻翼縮小術」、手頃な価格で受けられる「プチ整形」など様々な種類があります。鼻の整形はメスだけでなく、注射器を使用する施術もあります。出来るだけ目立ちにくいように施されますが、施術後は患部が腫れる場合も。目立つ腫れは数日で消えますが、なかなか消えない場合は冷たいタオルなどを使って患部の周辺に当てます。プチ整形や本格的な整形でも、1週間から2週間のあいだに大体の腫れは治まります。ファンデーションやマスクなどでカバー出来るので、目立つ心配はありません。

Q4プロテーゼとはどういうものですが?どのような効果がありますか?

プロテーゼは、主に隆鼻術で使用されます。隆鼻術とは低い鼻の高さを上げたり、真っ直ぐな鼻筋を形成したりするために使用される人工物です。耳の軟骨や助軟骨などの自家組織が使用されることもあります。しかし、プロテーゼの方が形や高さといった細かい調整に優れています。シリコンで作られているプロテーゼは形がL型とI型の2つに分かれており、鼻先を上げるか鼻筋を高く上げるかによって選ばれます。また、注入するタイプのプロテーゼも存在します。注入型といっても、ヒアルロン酸のように液体ではなくジェル状になっており、自然な形に仕上がります。

Q3隆鼻術を受けた場合ダウンタイムはどれくらいですか?

美容外科によって隆鼻術のダウンタイムは異なり、プチ整形ではほぼありませんが、プロテーゼなら基本的に1週間から2週間程度です。全く何もしないという状態ではなく、普段通りの生活や仕事に復帰出来ます。隆鼻術を受けた当日からシャワーは可能です。しかし、長い時間の入浴は血流が促進されて、傷痕が塞がれなくなる恐れがあるので注意しましょう。メイクはナチュラルメイク程度なら可能ですが、傷口に雑菌が入り込まないように丁寧に落とすことや、優しく肌に触れることが大切です。激しい運動も血流や傷口を考慮して、1週間は控える方が望ましいです。

Q4お手軽に受けられる鼻整形メニューはありますか?

プチ整形は本格的な施術よりも手軽に受けることが出来ます。施術にかかる費用が安く、施術時間も短時間で済むことが特徴です。整形手術を受けたことがない人にとって、顔にメスを入れたりシリコンを入れたりする施術は抵抗があります。プチ整形ならメスを使わず、注射器のみを使用するので目立つ傷痕が残りません。注射器を使ってヒアルロン酸を注入するだけなので、短時間で済みます。注入後は多少皮膚が腫れますが、患部を冷やしたりメイクでカバー出来たりするので問題ありません。プチ整形の隆鼻術は鼻筋を高くでき、団子鼻の改善にも役立ちます。

PAGE TOP